カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

柳宗理の魅力

柳宗理プロフィール

柳宗理プロフィール


柳宗理の魅力





略歴

1940年 東京美術学校(芸大)洋画科卒
1952年 毎日新聞社主催の第一回工業デザインコンクールの(現毎日デザイン賞)に応募、第一席の入選
1954年 金沢美術工芸大学工業デザイン科主任教授に就任
1956年 アスペン国際デザイン会議出席
1957年 第11回ミラノトリエンナーレ展に招待出品ゴールドメダル受賞
1960年 世界デザイン会議実行委員
1961年 西独カッセル市デザイン専門学校工業デザイン科主任教授として1年間招かれる
1966年 バタフライスツールとプラスチック・スタッキングスツールがニューヨークのモダンアートミュゼアム、アムステルダムのステドリックミュゼアムのパーマネントコレクションに選ばれる
1968年 フランスのルーブル美術館のパーマネントコレクションにも選ばれる
1973年 トロント(カナダ)国際クラフト展審査委員
1977年 日本民芸館館長就任
1980年 イタリア、ミラノ近代美術館にて、ミラノ市主催による「柳宗理展」を開催
1981年 紫綬褒章
フィンランド・デザイナー協会の名誉会員に推される
1983年 イタリア文化会館(東京)にて「柳宗理展」を開催
ボンベイ(インド)の工科大学・工業デザイン教授として招かれる
1986年 世界クラフト会議で講演
1998年 池袋セゾン美術館で「柳宗理デザイン展」を開催
2002年 文化功労者に顕彰される

主な作品

木製・スチール製・プラスチック製等の家具 、自動車、計器、ミシン、照明器具、ナイフ・フォーク・スプーン等のテーブルウェア、コップ水差し等のガラス製品、陶磁器食器、東京オリンピックトーチホルダー、札幌オリンピック聖火台、東名高速道路足柄橋、東京料金所防音壁、関越自動車道路関越トンネル坑口等。