カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

南部鉄器とは

南部鉄器とは

柳宗理プロフィール

繊細な鋳肌と重厚な味わいのある着色が特徴の南部鉄器は、みちのくの小京都「盛岡」の歴史と自然が長い時間をかけて作り上げた、盛岡が誇る伝統工芸品です。その歴史は古く、約400年前より、文化に造詣の深い代々の南部藩主に保護育成され、今日まで受け継がれてきました。
昭和50年には「伝統工芸産業振興法」という法律ができ、南部鉄瓶は国の指定を受けて伝統工芸品として命を守っています。これも、鉄瓶づくりに情熱をかたむける人々の努力のたまものです。


南部鉄器


南部鉄器とは、旧南部藩主の城下町盛岡市を中心とした地域で生産される「鋳造の鉄器」です。鋳造とは、砂と粘土で型(鋳型)を作り、これに溶かした鉄を流し込んで物を作る方法を言います。この鋳型に2種類あり、鋳型を焼き固めて作る焼型法(茶の湯釜・鉄瓶)と、鋳型を焼かずに作る生型法(鍋・風鈴・急須)があります。


起源


茶道に造詣の深かった南部藩主重直公が、藩内から良質の鉄が産出することから、これを利用して藩の特産品として作ることを思い立ち、京都出身の釜師を召抱えて茶の湯釜を作らせたのが、南部鉄器の起源です。

その後、土瓶のかわりに、鉄製の品を使ってはどうだろうかと考案し、抹茶式用の釜に口をつけて試作したものが南部鉄瓶のはじまりとされ、以後様々の工芸品が作成されて現在に至ります。明治以降は、海外の万博その他で高い評価を得ており、国から伝統的工芸品第1号の指定を受けました。

 江戸時代南部藩主のアイデアでスタートし、明治・大正・昭和・平成と、この伝統を踏まえ優れた製品を作り続けているのです。

製造手順

製造手順


木型を使って鋳型を作る。実型(さねがた)とよばれる外枠に川砂や粘土などを入れ、そこに木型を回転させて形を取る。これを「型挽き」という。これを乾燥しないうちに文様を押す。

この型を乾燥し、焼き、銑鉄を流し込む。型から取り出した鉄瓶を800度から1,000度の木炭の火で焼き、磁性酸化被膜を付け、錆を防ぐ。これが「金気止め」と呼ばれ、この技法は南部鉄器から始まったもの。

以上は概要であり、実際の工程はもっと多く、完成まで2ヶ月近くかかる場合もある。


記録・その他情報
・水沢江刺駅前にある「ジャンボ鉄瓶」は、直径2.5メートル、重さ1.8トンで、日本一のサイズである。

・毎年10月に行われる、水沢産業まつりにおいて、日本一の大きさの「ジャンボ鉄鍋」で作る芋の子汁が振舞われる。直径3.5メートル、重さ5トンの鉄鍋で一度に6,000人分が調理される。

・水沢駅の南部風鈴は、日本の音風景100選に選ばれている。

お手入れ方法

お手入れ方法


・手入れ方法(購入して、最初の使い方)
購入直後、3回ほど湯を沸かして捨てます。中を洗剤・タワシ等で洗ってはいけない。
もし中身がさびたら、茶を沸かして錆止めを行う。湯が濁らくなれば良い。
 使っているうちに、湯垢が着くので、これが錆止めになる。

・外側の手入れ方法
これも洗剤で洗ってはいけません。
たまに、乾いた布(お茶の出がらしを布巾で包んだもの等)で拭くようにして汚れを取ります。こすり過ぎるといけないみたいです。
結構茶色く汚れますが。適度に拭くのが良いみたいです。

・日常のお手入れ
湯を沸かした後、鉄瓶の中にいつまでも湯を残さないで、使い切ること。使い切った後は、熱いうちに蓋を開けて残った水気を余熱で蒸発させておくこと。
錆び(さび)が心配かもしれませんが、きちんと水気を切ることを心がければ、大丈夫みたいです。
 また、少々の錆びは、鉄分補給と考えるべきなので気にし過ぎは良くありません。
 因みに、南部鉄瓶は貧血の鉄分補給にも優れているそうです。